【Aroma和心】
水野浩子です

 

 

 

 

 

2008年に独立してアロマサロンを始めました。

 

独立前、
ホテルなどのサロンでトータル約10年間
アロマセラピストをしていましたが、

カウンセリングに時間をかけることが出来なかった。
もっと話す時間が欲しかった。

 

だから、
カウンセリングを重視した
サロンを作ろうと思い独立しました。

 

なぜ、そこまでして
カウンセリング重視なのか?
と聞かれることもあります。

 

それまでは、
香りを通しての
カウンセリングを大事にしていたのですけど

 

経営者側としては、
そこに時間をかけるのであれば、お客様を施術して欲しい。。。
との方針で、なかなかできなかったんです。

 

経営者の立場からなら
当然のことだと思いますが、

 

ただ、
お客様が話をしたい。
話を聞いて欲しいとおっしゃってはるのに
「すみません。また、ゆっくり聞かせて下さい」

 

しか、答えることが出来ない。。。

 

 

あなたは、
こんな気持ちになったことありませんか?

 

ただただ話を聞いて欲しい
誰かにこの思いを聞いてもらいたい!

 

そんな時ありませんか?

 

 

その気持ちを大切にして欲しい!
そう思うからです。

 

その思い、それは
あなたから出るあなたへの
大事なメッセージなんです。

 

そのメッセージを口にし、
今のあなたに気づくことで
変わることがある。

 

それを
私は聞き逃したくはないのです。

 

一人で抱え込んでしまい
いっぱいいっぱいになった気持ちが
風船のように膨らみ破裂してしまう。

 

そんな状態を
沢山みてきたから。。。

 

そして、
私もそんな経験があるから。。。

 

 

でも、
アロマトリートメントに忙しすぎて、

そんな時間は、
5分とれれば良い方でした。

 

それでも、お客様は
「話していると楽になってきたわ」
「もっと話したい」

と言ってくださる。

 

一人で抱え込まないで!

 

という、私の思いが溢れてきたので
カウンセリング重視のサロンをオープンしました。

 

 

では、
どんなことをするのか?

 

 

あなたは、
服などの断捨離はしますか?

断捨離をしないと、
部屋は着ない服など要らないもので
溢れてしまい始末がつかなくなりますよね?

 

ごちゃごちゃのままだと
何が必要なものか、そうでないか、
区別がつかなくなってしまう。

 

さらには
何を捨てていいのかわからなくさえなります。

 

思考・感情も同じで
溜め込めば溜め込むほど

あなたの気持ちはどうなのか?
それはあなたが求めていることなのか?

が、わからなくなってしまいます。

 

 

私はどうしたいんだろう。。。

このままでいいのかな。。。

なんか楽しくない。。。

なんかいつも疲れてるな。。。

 

とか、
そんな気持ちが
どんどんあなたを苦しめてしまう。。。

 

そんな気持ちのとき
あなたはどうやって、
その気持ちを整理していますか?

 

 

自然に触れて
心を落ち着かせますか?

それもいいですよね。

 

でも、誰かに話を聞いて欲しい!
そうなる時もありますよね?

 

家族仲良くても
違う人に話したい時ってないですか?

友達に話しにくい事もありますよね?

 

じゃあどうしますか?

 

だからといって
絶対に溜め込んだらダメですよ。

そんなことしてしまうと
あなたの身体はもたないです!

 

悩みを溜め込んだり、
辛いことを我慢したりすると
身体にコリとしてあらわれます。

 

こんな時は、
どんなに筋肉をほぐしても
とれません。

 

だから私は、
体(筋肉)をほぐすよりも
思考・感情からくるこりをほぐすことで
要らないものを取っ払い、
あなたの気持ちにストレートに
向き合えるようになってもらいたい。

 

 

【あなたが気づくこと】とは?

 

色んな感情を溜め込んだままだと
本当はどうしたいのか?
なかなか気づけません。

 

だから、
思考・感情の断捨離をすることが大事。

 

要らないものを捨てることで
また、新しく楽しいことが入って来ます!

 

そうすると、
あなたはあなたの考えで
あなたが決めた道を歩いて行ける。

 

あなたの人生
あなたらしく楽しめるように。

 

私はめいっぱいサポートしたい。

 

 

ブレインアロマヒーリングは
「まさに今!のメッセージでビックリしました」

そんなお声もありますが

 

占いではありません。

 

滞っているエネルギーを流し、
心地よく過ごせるように体からの
メッセージをお伝えしています。

 

お出会い出来る日を
楽しみにしております。